忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/14 01:47 】 |
ハンク・ウィリアムスの影(プロローグ)


「日本人ではカントリー・ミュージックは流行らない」

とは、いつ頃から言われ始めたのだろうか。
戦後の一時期には、アメリカから輸入されたさまざまな音楽に混じってカントリーの曲が日本語に訳して歌われ、結構ヒットしている。「16トン」「ノース・ウィンド」「知りたくないの」などなど。
そして日本人のカントリー歌手の方もたくさんいらっしゃって、現在でもイベントを開けば全国からファンの人が集まっている。どのくらいか分からないが日本にも一定数のカントリー&ウエスタンのファンが居るのは確かだ。

これから何回かに渡って、管理人が大好きなこの音楽について語っていきたい。
タイトルにあるように、カントリーの「ナンバーワン・ミュージシャン」であるハンク・ウィリアムスのハナシが中心になると思うが、その他の(あくまで管理人の好みに偏るが)アーティストも取り上げる予定だ。

お知らせ

忍者ブログをスタートして1ヶ月半。
毎日更新して参りましたが、3月からはマイペースでやらせていただきます。
これからも、思い出した時にチラッとのぞいてやってください。

拍手[0回]

PR
【2010/02/28 23:40 】 | 未選択 | 有り難いご意見(1) | トラックバック(0)
<<ハンク・ウィリアムスの影(2) | ホーム | This Land Is Your Land>>
有り難いご意見
無題
さすがですね。
最近、教養としてこの辺を聞こうと思っているところです。
【2010/03/01 23:03】| URL | Jay #4fc0170fce [ 編集 ]
Jayさんへ
彼はさまざまな「顔」を持っているので、普通にCDで売られているベスト盤では(ポップな曲ばかりで)物足りないと思いますが、入り口にはなるのでゼヒ、聴いてください!
【2010/03/02 22:46】


貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>